「食材宅配」自分にあった業者の選び方【ポイントは3つ】

食材宅配って種類多い

『生協』って書いてあるものもあるけど…どういうこと?

食材宅配をはじめようとしたときに多いのが選ぶ種類が多いこと…。

仕組みも業者ごとに違うので、どれが自分に合うのかわからないし、選ぶ時間もないし…となりますよね。

わたしも今の2刀流になるまで業者選びやスーパーとの使い分けなどに悩みました。

今回は食材宅配の違いを比較し、どんな基準で選んでいけばいいのかについてまとめていきます。

この記事でわかること
  • 住んでいる地域に対応しているのか
  • 取り扱っている商品はどんな特徴があるのか
  • 商品以外にかかる費用には何があるのか

早速内容に入っていきます!

目次

「食材宅配」の対応地域をチェック!

クロネコヤマトなどの配送業者を利用するoisixなどは全国的に対応しています。

業者独自の配送トラックを利用しているところは対応地域が絞られるので気を付けましょう。

もん

私が利用しているものも全国対応はしていないですね…

地域別の食材配送の業者も少しずつまとめていきます。(記事準備中)

業者の特徴をチェック!

業者ごとに大事にしているポイントがことなります。

例えば

「お母さんが子どもに食べさせたいと思う安心・安全な食べもの」を大事にしているグリーンコープ

ここでは、化学調味料や農薬などに対して厳しい基準が設けられています。

その分価格はスーパーなどよりは高くなりますが、「ここまでこだわっているのにこの価格?!」と気に入る方が多いです。

「家事の負担を軽くする」という点でけばcoopがおすすめ。

アレルギー対応の食品も多く取り扱われており、ミールキットも充実しています。

商品以外にかかる費用

食材宅配では食材の費用以外に配送してもらうための配送料などがかかります。

配送料

OISIXCOOPOnigo *関東中心部のみ
配送料定期会員 本州の場合
6,000円以上(税抜)/回 0円
4,000円以上(税抜)/回 200円
~3,999円 (税抜)/回 600円
204円/回
ペア個配 104円/一人あたり1回
3人以上 0円
ステーション受け取り 0円
7歳未満の子どもがいれば配送料 0円
300円/回
入会金0円生協の場合 出資金
1口 1,000円
(脱退時に返金)
0円
年会費0円0円0円

スーパーへ行く手間を配達というサービスにしてもらっているため、配送料分費用はかかることになります。

もん

スーパーへ行く時間と手間を買ってると思えば安い

一定金額以上買えば配送料が0円になったり、子育て世帯は配送料0円!などのサービスもありますので、よりお得に使えますね。

もん

うちは小さい子がいるのと、ほとんどを宅配利用していてそこそこの額になるから、配送料はかかってないですよ~

生協の場合、生協の仕組み上「出資金」という費用がかかりますが、これは解約時に返金されるので、最低金額で設定しておけばよいと思います。

生協で調べたいならこのサイトがおすすめ日本生活協同組合

「食材宅配」の種類を徹底比較【ポイントは3つ】 まとめ

大きな選ぶポイントは3つ

  • 対象エリアかどうか
  • 特徴は何か?
  • 費用はいくらか?

でした!

対象エリアで絞ると意外と選択肢がないことも。(選びやすくなりますね)

食材宅配の選び方を知ってLet’s 食材宅配デビュー !

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

第1子を産んでから食材宅配の利用を開始♪
現在は食材宅配歴5年。
2社の食材宅配+ときどき追加で他社も利用。
現在3人の子育て真っ最中。
日々試行しながら、快適な食材宅配利用を検証して、情報を発信します!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次